【脱サラ成功例】脱サラして1年が経過!変化した生活スタイルを紹介

脱サラして自ら事業を営みたい!だけど不安過ぎて踏み出せない。。

このように考えている方のために、脱サラして大満足の生活を送っている我が家の生活の変化をご紹介します。

 

この記事は、少しでも脱サラで悩んでいる方の参考になればいいという思いから執筆しました。

  • 漠然と脱サラを計画している方
  • 今の仕事に不満を感じている方
  • 脱サラすると生活にどんな変化があるのか知りたい

上記のような悩みを抱えている方に読んでもらいたい内容になっています。

 

はじめにお伝えしておきますが、

転職、もしくは起業をして脱サラする行為は、とてつもないリスクが伴います。思い付きで脱サラを実行しては絶対にいけません

 

しかし、今の生活から脱却するための最善の行為であることも間違いありません。

脱サラはリスクが伴う行為だけど、しっかりとした計画を経てていれば失敗するリスクを減らすことができることも事実です。

 

 

実際に私はリスクを犯して脱サラを実行し、大満足の生活を送っています。

 

 

この記事では、「脱サラ→個人事業主として企業→1年が経過」した我が家の生活スタイルをご紹介しています。

 

あくまで私が行っている職種の場合の生活スタイルです。

脱サラして全ての個人事業主が私と同じような生活スタイルを生活を送れるとは限りません

こんな生活を送っている個人事業主もいるんだなぁ……という感じで参考にしてみてください。

 

ちょっとした自己紹介

脱サラして変化した生活をご紹介する前に、簡単に自己紹介をさせてください。

その方が脱サラしようか迷っている方の参考になれるかと思います。

 

会社員から脱サラまでの流れ

  • 4年制大学(電気課)を卒業後、電気設備の保守管理をしている大手企業に就職
  • 働いていくうちに、「電気」という仕事にはいろんな資格があることを知る
  • 数ある資格の中でも仕事に役立ちそうな「第一種電気工事士」「第三種電気主任技術者」の資格を取得
  • 勤続年数を重ねるごとに、「無駄な会議」や「無駄な打合せ」が増えていき嫌気がさし始める
  • 取得した電気資格を使って、転職・独立を考え始める
  • 思い切って独立(脱サラ)しようと決意
  • 家族にしっかりと独立計画を説明、了承を得ることに成功
  • 個人事業主として開業し、今に至る

幸運だったのが、個人事業主として独立しやすい「電気」という業種で実務経験を積めたことです。

 

この経験がなければ脱サラをすることはなかったでしょう。。

 

「実務経験」と「電気の資格」のおかげで、より具体的に脱サラした後の人生設計をたてることができました。

 

冒頭でも紹介しましたが、脱サラは相当なリスクを伴う行為です。思い付きで実行しては絶対にいけません

 

重要なのは、「脱サラ後の人生設計をしっかりたてること」と「家族の了承を得ること」の2つです。

家族は、厳しく客観的に脱サラについて意見を言ってくれるはずです。

 

本当に脱サラして大丈夫?

 

こーゆー仕事で、こーゆーお客さんと、こーゆー感じで契約します

 

それなら大丈夫そう!オッケー

 

妻とは朝まで話し合って、寝ずに仕事に行った記憶があります。

 

脱サラを検討している方は、脱サラ後の夢のような生活を想像する前に家族の未来についてよぉーく考えてみてください。

それでは、さっそく脱サラに成功したと思い込んでいる私の生活の変化をご紹介していきます。

 

お金の使い方・価値観が変わった

 

脱サラして個人事業主になってからのお金の使い方と価値観

  •  値段が高くても高品質のものを買うようになった
  • 必要なものは高額でもすぐに買うようになった
  • 節約でお金を貯めるのではなく、仕事をしてお金貯める

 

稼ぎが増えたから贅沢できるようになっただけでしょ!?

 

このように思われる方が多いかと思いますが、

決して稼ぎが増えたから贅沢できるようになったわけではなく、その方が得策だと思えるようになったからです。

 

例えば、

有名なメーカーの6万円する工具とホームセンターブランドの1万円する工具どちらを購入しますか?

と尋ねられると、

迷わず6万円の工具と答えます。

6万円の工具の方が高性能で故障する確率が低いであろうという考えから6万円もする工具を選びました。

 

もし1万円の工具が作業中に故障しお客さんに迷惑をかけると、損害だけでなく信用も失ってしまいます

良い仕事をするために高額であっても高品質の商品を選ぶ行為は事業を営む者にとって得策だと言えるでしょう。

 

会社員の頃と比べてもう一つ大きく変わることは、税金や年金、健康保険などの支出です。

個人事業主になると、今まで会社が一部負担してくれていた国民年金や社会保険を全て自分で支払わなければなりません。

 

保険関係で毎月こんなにお金使ってるの!?

 

脱サラする前に勉強してわかっていたつもりですが、実際に自己負担分が増えると結構苦しい。。

しかし、収入によっては所得税や住民税が下がることもあるので、支出だけが一方的に増える!という訳ではありません

支払いが増えた支出もあれば減る支出もあるということです。

私の場合、開業1年目の収入が低くいろんな税金が下がったので、会社員の頃よりも支出分が下がったという結果になりました。

独立して半年間くらいは収入と支出のバランスがどうなっているのか毎日気になって仕方がないという感じでした。

しかし、

起業して1年が経過した今は、

月単位や半年単位で収支のバランスを考えてもしょうがない!もっと長い目で考えなきゃダメだ!

とドッシリ構えるように心がけています。

 

3年〜5年間程度の収支バランスを考えなければ、経営がうまくいっているかなんてわかりません。

会社員の頃は今月は給料いっぱい貰えたから贅沢しちゃおー!みたいな考え方でしたが、脱サラしてからは違います。

今儲かっているからお金を使うのではなく、これは本当に必要なもの?この選択は得策なのか?をよく考えるようになりました。

 

このような金銭的価値観の変化があったのですが結果的には、

会社員の頃よりも良い商品を頻繁に購入するようになり生活が潤った!

と言えるでしょう。

 

仕事は必ず15時で切り上げる

個人事業主の最大の魅力は、仕事時間を自由に調整できるです。

私は、朝9時から仕事を開始して1時には帰宅すという働き方をしています。

こうすることで、子どもの幼稚園の送り迎えができようになります。

 

毎日子どもの送り迎えをしている父ちゃんは私だけ!!

 

15時に父ちゃんが家にいることで、「夕ご飯の準備」と「子どものお風呂」を分担することができます。

 

夕方は子どもがグズリがちだからめちゃくちゃ助かる

 

子どもが小さいときに一緒に過ごす時間を確保できるのは、個人事業主の特権です。

なによりも子どもとの時間を大切にしたい!と考えている方は、しっかりと計画を経て脱サラをしてみてはいかがでしょうか。

 

家族の予定に合わせて仕事を休む

脱サラして個人で事業を営んでいると、勤務日をある程度自由に調整することができます。

  •  平日に旅行に行ける
  • 運動会、お遊戯会に参加できる
  • 参観日に参加できる

 

会社員のように「上司にお伺いをして休みを貰う必要がない」ので、家族との予定を優先させることが可能です。

さらに、意味のない会議や打合せに参加する必要がなくなります

私はダラダラとした会議や打合せが死ぬほど嫌いで、よくズル休みをしていました。

会議に参加するくらいなら、休んでブログを書いたり車を洗ったりしていた方がよっぽど有意義な時間の使い方だと思います。

 

一度きりの人生、貴重な時間を得るものが少ない会議に使うのは得策とは言えません。

 

脱サラしてから、全ての時間を100%意味のある時間として使うことができています。

 

例えば、

子どものお遊戯会や参観日は必ず私が参加できる

ということです。

 

お母さんが参加している家庭が多い中、娘が「父ちゃんの方がいい」と言ってくれるので積極的に参加することしています。

子どもが、父ちゃんか母ちゃんを選択できるなんてとても贅沢なことですよね。

 

ちょっと恥ずかしいけど、めちゃくちゃ嬉しい

 

サラリーマンの頃、子どものイベントに参加できないなら何のために働いているんだろうとよく感じていました。

もちろん「生きていくため」「食べていくため」にお給料は必要です。

 

しかし、お金さえ貰えれば他のことは犠牲にしてもいいということにはなりません

子どもとの時間、あるいは自分の趣味の時間を確保できないような会社なら、おもいきって脱サラした方がいいと私は思います。

人生の限られた時間を有意義に使いたい!と考えている方は是非脱サラを検討してみてください。

 

「なによりも時間が大切」という方は脱サラがおすすめ

「時間」を大切にしたい!と考えているなら会社員ではなく、別の働き方がおすすめだと私は思います。

 

会社員ならば、無駄な仕事で大切な時間を浪費してしまうことが少なからず発生してしまいます

会社に勤め始めた頃はそれが当たり前だったのですが、脱サラした今は全然違います。

仕事だからといって、人生の大切な時間を無駄に使われるなら別の生き方をすべき!だと強く思います。

 

脱サラには、生活できるだけの収入を得ることができるのかという最大の問題があるため簡単に実行することはできません。

 

私のように家庭を持っている方ならなおさらです。

しかし、何もせずに諦めてしまえば残りの会社員人生分の時間を有意義に使うことができないのも現実です

しっかり脱サラ計画を立て、家族の了承をもらって第二の人生に挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です