実務経験証明書がもらえない【 本当にあったヤバい事例を紹介 】

 

実務経験証明書がもらえないことってあるの?

 

こんな疑問に対して私の経験談をご紹介します。

 

結論を先にいうと、

2021年に退職した私には実務経験証明書が発行され、2022年に退職した元上司は発行されなかった!

です。

 

以前勤めていた会社のこの対応に関しては今でも信じられません。

 

私にも実務経験証明書が発行されていなかった可能性があると思うとゾッとします。

 

この記事では、実務経験証明書の発行について私の経験談をご紹介しています。

 

これから「実務経験証明書」が必要になる仕事への転職を考えている方は、是非参考にしてみてください。

※紹介している内容はあくまで「私が努めていた会社の対応」です。全ての会社にあてはまることではないのでご了承ください

 

実務経験証明書とは

 

 

実務経験証明書とは、

 

会社に努めてからこれまでに働いてきた経験はどのくらいの期間なのか、どんな規模の仕事をしてきたのか

 

が記載された書類です。

 

転職や独立、キャリアアップのとき必要となる重要な書類です。

 

ちょっとイメージがつきにくいですよね

 

児童福祉関係の仕事をしていて職場を変える場合を例にして解説していきます。

 

児童福祉関係の仕事に転職する場合実務経験証明書があれば、

  • 最初から責任のあるポストからスタートできる
  • 法律で定められた専門的な仕事に従事できる

というケースがあります。

 

私は第三種電気主任技術者という国家資格の実務経験証明書の効力を使って、法律で定められた電気関係の仕事に従事することができました。

国家資格の効力、実務経験証明書の効力の両方を行使しているので、やりがいと責任の伴う仕事をさせてもらっています。

 

もし証明書が発行されていなければ、今の仕事に就くことはできなかった。。

 

実務経験証明書は、転職や独立をする方の人生を左右するほど重要な証明書だと言えます。

 

会社には実務経験証明書の発行義務がある?

 

 

会社には実務経験証明書の発行義務はあるのでしょうか?

 

結論から言うと、

会社には実務経験証明書の発行義務はない

です。

 

義務の有無については人によって意見が別れるようですが、私の住む地域の労働基準監督署に問い合わせした結果なので間違いないと思います。

こんがらがってしまいますが、

労働基準法22条で定められている【退職時等の証明】の中にある「業務の種類の証明」は、国家資格などに関する実務経験証明書の発行は義務ではない

ということです。

 

労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

労働基準法第22条(退職時等の証明)

 

実務経験証明書は転職や再就職するときに必要になることが多く、会社にとっては

なんで辞めていく人間に証明書を発行しなければならないのか!

と思われることが多いようです。

 

そのため、実務経験証明書の発行に関するトラブルが多発

 

現に私も、退職するときに会社と少しモメています。

 

経験した「実務経験証明書の発行」の流れ

 

 

退職の報告から企業までのザックリとした流れをご紹介します。

会社員
2020年12月
2021年4月末で退職したい旨を上司に報告
会社員
2021年1月
会社に退職届を提出すると同時に、実務経験証明書の発行をお願いする
会社員
2021年3月上旬
会社から、証明書の発行は退職してから検討する。と言われる
会社員
2021年3月中旬
独立後、仕事をする予定だったお客さんとの打合せができなくなる
無職
2021年5月
実務経験証明書の発行が遅れたため、退職から2ヵ月間無職になった。。

 

実務経験証明書の発行のタイミングが遅れたため、独立後の仕事にかなり影響がでました。

 

こんなことなら退職日を早めておけばよかった。。

 

すでに3月31日付で退職するという内容の退職届を提出していたので、「退職日の変更はできない」という回答が。。

3月には残っていた年休や保存休暇で休みをもらっていたので、どうすることもできません。

 

無事に証明書が発行されることを祈ることしかないね

 

実務経験証明書が発行されなかった元上司の経験談

 

 

実務経験証明書が発行されなかった元上司の経験談をご紹介します。

 

元上司は私と同じ仕事(第三種電気主任技術者の実務経験証明書の効力を使用する業種)に転職予定でした。

退職のタイミングは、私が退職した翌年の8月末日

転勤や家庭事情から、8月末日という中途半端な日付にしたようです。

 

私と元上司は全く同じ仕事をしていたので、実務の経験は間違いなく存在します。

それにも関らず、元上司には会社から実務経験証明書が発行されることはありませんでした。

 

明確な理由はわからないのですが、以下のような噂を耳にしました。

  • 退職のタイミング(8月末日)は会社的に都合が悪い
  • 「来年まで退職を待ってほしい」というお願いをスッパリ断った
  • 証明書発行担当者との関係が良好ではない
  • 証明書を発行すると退職者が増える

こんな理由から実務経験証明書の発行が中止になったようです。

 

退職時期が私とたった1年しか違わないのに会社の方針が変わった。。

 

元上司の気持ち

 

今まで実務経験証明書の発行をしてきたのに、急に方針を変えられても困る。

証明書が貰えないのなら全く違う準備をしていた。

実務経験証明書が発行されなかったため、実務経験を積ませてくれる会社に転職せざるを得なくなったようで、かなり予定が狂わされたようです。

 

実務経験証明書の発行を義務化してほしい

 

 

私の経験談や元上司の経験談をご紹介してきました。

 

実務経験証明書に関しては、

証明書の発行を義務化してほしい

この一言につきます。

 

勤めていた会社は、社名を聞くと誰もが一度は聞いたことがあるような大手企業です。

そんな企業が、「実務経験証明書の発行をしない」対応をとることに驚きでなりません

 

実務経験証明書は、証明書の効力を使って転職や独立をする人にとって人生を左右する重要な書類です。

 

「退職してほしくない、退職する人間に証明書を発行してもなんの意味もない」

という会社の言い分もわかりますが、

「実務経験証明書を発行しない」という対応は絶対にしてほしくありません。

 

「退職を踏みとどまってほしい!退職者を増やしたくない!」なら、

職場環境の改善をするとか、制度を見直すとか、

やるべき対策は他にいっぱいあると思います。

 

実務経験証明書の発行は会社にとってメリットがない行為かもしれませんが、

当人が本当に働いた実績があるのなら会社はそれを証明する

当然のことだと私は思います。

これから実務経験証明書の発行を会社にお願いしようと考えている方は、会社との関係性を良好に保っておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。