個人事業主が孤独を感じるタイミングと原因を分析【対処法模索中】

 

個人事業主は孤独を感じやすいって本当なの?

 

私の経験を踏まえて上記の疑問にお応えしていきます。

 

結論からいうと、

個人事業主という事業体系上、孤独を感じやすく仕方がない

ということです。

 

私は個人事業主として電気関係の事業を営んでおり、現在3年目。

開業したばかりの頃は、新しい仕事や勉強、生活スタイルの変化で忙しい毎日を送っていましたが、

最近になって孤独を感じるように。。

 

この記事では、「なぜ個人事業主は孤独をかんじるのか」「孤独を感じるタイミングは」など、

個人事業主の孤独」についてご紹介しています。

 

現在個人事業主として頑張っている方、これから個人事業主になろうと考えている方は是非参考にしてみてください。

 

個人事業主の働き方とは

 

個人事業主とは、個人で事業を営む方のことを指します。

 

契約、作業、請求、などいろんな作業を一人でこなさなければなりません。

一人で」というところが孤独を感じる大きなポイントです。

 

一人で仕事をするメリット

  •  勤務時間を自由に調整
  • 家族の時間を大切にできる
  • 予定を合わせるストレスが少ない

 

会社員の頃から個人プレー主義の私にとって、上記のメリットはとても魅力的でした。

 

私が行っている仕事の性質上、

現場で作業をするとき昼食時間や休憩時間をある程度自分の都合で決める

ことができます。

 

  • お腹が減っていなければおにぎり一個食べて終了
  • 睡魔に襲われれば午前中でも休憩する
  • 疲れているときは早めに作業を切り上げる

個人事業主にとって時間を自由に使える!というのが1番のメリット

 

私は、

朝9時から15時まで仕事をして、夕方は子どもたちと遊ぶ。

仕事が溜まっているときは子どもたちが寝た後頑張る。

という時間の使い方をしています。

 

子どもが小さいうちはなるべく一緒に過ごす時間を確保したい!という思いを実現することができています。

 

会社員だったならこーゆー働き方はできていないと思います。

 

一人で仕事をするデメリット

  •  あ一人でやる作業には限界がある
  • 仕事が重なるとかなり大変
  • 成功や失敗を仲間と分かち合うことができない

 

会社員と個人事業主の大きな違いは、

全ての仕事を一人でこなさなければならない

ということです。

 

休みの日を誰かに変わってもらう

電話中だから誰かに内容を聞いといてもらう

という働き方は個人事業主になるとできません。

 

複数のお客さんから同時に電話がかかってくるのが一番ツラい

 

そのため個人事業主には、

仕事を後回しにしない能力

が求められます。

 

さらに、最近になって感じる個人事業主最大のデメリットは、

仕事のことを相談できる仲間がいない

ということです。

 

「成功したこと、失敗したこと、わからないこと、」

を仲間と分かち合うことができません。

 

会社員の頃、当たり前だったことができなくなってしまった、、

同業者の方と話をすることもあるのですがあくまで他人

成功や失敗を分かち合うということにはなりません。

 

個人事業主が孤独を感じるタイミング

 

個人事業主が孤独を感じるタイミングは、

事業が軌道に乗って一段落つきはじめた

ときです。

 

お金と時間に余裕がでてくると、

仕事の話をしながら誰かと飲みに行きたい!

といったような気持ちが芽生えてくるはずです。

 

会社員なら、

プロジェクトお疲れ様会とか、四半期ご苦労様会とか、

節目に開催される飲み会で情報交換したり、愚痴を言い合ったりすることができます。

 

「同じ釜の飯を食う」的なやつだね

 

しかし、個人事業主はこのような飲み会はありません

同じ業種の方と仕事について熱く語り合うことはありますが、あくまでも他人。

仕事がうまくいったり、業績が伸びたとしても関係なし。

喜びを一人で消化するしかありせん。

 

これって結構寂しいですよ

今後、会社員特有の「仲間が一丸となって何かを成し遂げる」ことがないのか、、

と思うと孤独を感じてしまいます。

 

個人事業主の孤独を解消する方法

 

孤独を解消するために以下の対策を実施してみました

  • 前職の同僚と飲みに行く
  • 同業者の方と積極的にコミュニケーションをとる
  • いろんなコミュニティに参加する

ただ毎日淡々と仕事をこなしているだけでは、

「孤独」を解消することはできません。

 

何か行動を起こさなければと思い、行動してみたのが上記の項目です。

 

孤独感を最も解消できたのが、

コミュニティに参加すること

です。

 

ちょっとでも興味のあるコミュニティに参加することで、

今まで頭の片隅で考えていた仕事や趣味を本格的にスタートできる

なんて可能性があります。

 

「仕事」、「家庭」以外に、何か趣味があると「孤独」を紛らわせることができるのでおすすめです。

 

私の場合、「プログラミング」と「投資」の勉強にはまっています。

 

個人事業主となった私の感想

 

感想を簡潔にいうと、

個人事業主になって大満足!でもちょっぴり孤独

です。

 

私は、会社員として働くことに不満があり32歳の時に個人事業主として独立をしました。

自由に使える時間が増え収入もアップさせることができまたので、独立をしたことに後悔は一切ありません。

会社員では得ることのできない個人事業主ならではのメリットもいっぱいあります。

 

例えば、税金対策もその一つです。

経営状況や税金の割合を考えて経費どう使っていくかを考えるのは、面白いし奥が深いと感じています。

利益、経費、税金のことを何も考えずに事業を営んでいると、年間数十万円損をすることだってあります。

 

独立を考え始めて確定申告の方法や初心者向けの会計ソフトについて調べていたときに、

なにげない気持ちで個人事業主と法人を上手に活かした効率経営という書籍を読んでみたのですが、

これがめちゃくちゃ面白くて即購入。

  • 個人事業主のメリット・デメリットとは
  • 法人のメリット・デメリットとは
  • 個人事業主と法人を掛け合わせるとこんな得がある

知らないと損をする情報が満載に詰まっていて、

この書籍に出会わなければ気づけなかったことがたくさんあったと思います。

 

これから個人事業主として開業する方以外にも、

税金の知識を深めたい!資産運用の得策を知りたい!と考えている方におすすめです。

 

「税金対策に取り組むことができる」「時間を自由に使うことができる」などの個人事業主のメリットを実感しつつ、

同時に「孤独」というデメリットも感じています。

 

経営がうまくいけばいくほど孤独を感じるように。。

 

贅沢な悩みだとは重々承知していますが、

個人事業主にとって深刻な問題の一つ

であることも事実です。

 

これから脱サラをして個人事業主として事業を営もぅと考えている方は、

「孤独」というデメリットについてしっかり考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です